何も怖くない

映画4人衆のジュンソク(ユ・オソン)、ドンス(チャン・ドンゴン)、サンテク(ソ・テファ)、ジュンホ(チョン・ウンテク)は、子供の頃から親しい友人だったが、これらの人々は店の物を盗むこともする不良な子供だった。時間が経って、これらの高校生となり、同数は一拳する人なので、学校ちゃんになりました。以後女子高の祭りでバンドであるレインボーに反してジュンソクの家で会うこともしてジュンソク、同数、サンテク、ジンスクの正方形関係が開始され状態はジンスクと会うが、他の学校の養子と是非が付くされ、これに走ってきた同数によって危機を越えます。以後4人は敗戦を繰り広げるされジュンソクと同数は停学処分を受け、サンテクは自分のためにこれ以上学校に通うことができなくなったジュンソクに申し訳ない気持ちを持って両親のアパート家賃をこっそり盗んで家出した後にジュンソクを訪ねてアパート家賃を持って一緒にソウルに上がって行こうがジュンソクは拒絶されます。以後サンテクとジュンホは大学に進学しジュンソクは母がこの世を去ったことに対する衝撃により薬物に真剣に中毒されている状態であり、同数は刑務所に収監されました。麻薬中毒のジュンソクはジンスクにあらゆる性的侮辱と暴言を吐き出したジンスクを虐待し、웹하드추천 その後、組織暴力団に入ることになります。刑務所から出所した同数も組織暴力団に入りジュンソクはチャサンゴンの組織は、ごろつきではなく、量アーチとしながら引き止めが同数は葬儀よりむしろそちらがよりよいながら拒絶し、最終的に同数とジュンソクは取り返しのつかない間になりました。同数の組織が、石の組織の区域を少しずつ侵犯することを然と考えた状況で、同数が兄頭を押している事件が起きて、石の部下であり、旧友の徳子が車上を放置することはできないので、下の奴を作業して警告を飛ばそうと、同数を殺そうと返し言うが、ドルコは何か計画を立てていました。ある夜にドルコが組織員を同数の家に派遣して襲撃を試みたが、これを予想した同数が逆に全部倒すと失敗します。同スネ組織はこれに対する復讐にドルコが管理する港湾倉庫を襲撃してジュンソクの側近ドルコ、組織員であるチャンガを殺害し、倉庫で働く労働者まで暴行して殺害しました。以後ジュンソクが組織員にナイフを使う方法を教える場面が出てくるこれは映画の中で殺人する方法を教えるながら議論がされており、実際にこれを模倣した殺人事件が起こることもしました。お互いの組織間の争いが深刻化されると、同数とジュンソク会話をするようになってジュンソクが同数に事態が静かになるまでハワイに行くとしたが、同数は「お前が取っハワイ」と拒絶することになりジュンソクは苦々しくしながらいきますが、同数はジュンソクに申し訳ないか、米国に残しサンテクを見送りしようとします。しかし、車に乗ろうとする瞬間腹心だったウンギが裏切りをするようになってジュンソクが植えたギャングが同数をナイフ刺した同数は突然の攻撃に慌てて逃げたが、負傷が激しいせいで無理であり、これに殺しにすることができず、刺された後、息を引きます。以後3年後、サンテクは、米国留学を終えて帰国することになり、その後ジュンソクは同数の殺人教師の疑いで検挙され、裁判が続くことされておりジュンソクは法廷で自分が指示したものであることを淡々と告白した後、有罪判決を受けて死刑囚になって映画が仕上げになります。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다